Chapoo日本語対応で登場

Chapoo連携機能は、こちらから

V13から利用出来ます。 無料クラウド 1GB のサービス連携。早速試して見ましょう。

【ファイル】→【Chapoo】 →【開く】

Webサイトに飛びます。 画像クリックで、説明サイトに飛びます。 (別窓)  容量は、小さいですがダイレクト編集ややりとりが出来ます。 今後の展開に期待したいですね。


Chapoo → 参加

左のように、別窓が開きます。個別にフリー版は登録出来ます。登録メールアドレスは、制限は無いようです。 とりあえず gmail で試して見ました。

 


この画面は、英語ですがご安心下さい。日本語環境に切替えてから入れば分りやすいですね

左上から

・姓(名) First name   ・(姓)名  

E-mail        ・Country(国) 

と入力して行きます。  


メールをチェックして下さい

こんな画面がでました。

最初に日本語の環境にしていないのでこのような画面ですが‥

メールを送ったのでチェックしてアカウントを有効にして下さい。とのこと

↓ 下の画像のように、メールが届きました。

【アカウント有効】 をクリックして下さい。



送られたメールアドレスと窓が二つ ここに自分のパスワードを入力して【Active】 ボタンを押します。


フリースペス1GB確保です。 ここにdwgファイルを投入して、まずは開いてみましょう。

自分のスペース・共有スペース・アカウント

と引き出しがあるようです。 まずは、開いてテスト。

ドロップも出来ました。 


CAD側のログイン設定をします。

登録メールアドレスとパスワードでログインの設定を進めます。記憶にチェックを入れて【 OK 】を押します。


エクスローラ画面が現れて、転送したファイルが見えています。 選択して【開く】 どうでしょう。 クラウド環境の完成です。 テストファイル容量は、69KB  だいたい1部品で、600~1,200KB(2D) 位となります。 3DデータのSample で2,300KB   1GB=1,048,576 KB やっぱり少ないと思います。実際の運用に耐えられるのでしょうか? CAD連携サービス機能は、日本にはまだ無いと思います‥


開いて、確認出来ました。 凄いですね~ あっと言う間です。 この価格でここまで付いてきてもいいのですか? 開発者に頭が下がります。 日本では、セキュリティー管理が厳しいので問題があるかもしれません。大企業では、敬遠されないだろうか? と思います。 このシステムを活用・運用出来るとグローバル企業にとってのメリットは、計り知れないと思います。 経費がここでも削減出来るのだから‥ 小さな建築事務所では、大助かりかもしれません。共有先を教えるだけで連携が出来ます。 加工の手配にも利用できます。修正情報が、瞬時に伝えられるシステムの活用は、今後期待出来ます。 有料版でサイズ拡張も用意されています。


 情報・マニュアルは、日本語版が不足しております。 A-CAD を使い込んだ人を除いては、不安も多いと思います。


チャプーは、


容量に不満はありますが、チャプーログイン・フォーラム問い合わせには、日本語でどんどん書いてください。 日本語サポート(メール)は、無料です。 確実に日本語の書き込みが増えることで、情報の共有につながります。を是非利用して見てください。 


全世界で利用出来るCADです。 

最後まで、読んで頂きありがとうございます。 お戻りは、こちらから