BricsCAD インポート機能

Bricscad インポート

■CAD-DATAインポート機能

ファイル → 開く で DXF・DWG ファイルを読込むことが出来ます。ここで注目は、新規または、作成中のファイルの中に読込むインポートは、DXF ファイルとなります。DWGでは、ありません。

DWGを一度読込んで、必要な部分を修正・レイヤー処理してから、『名前を付けて保存』する必要があります。Bricscad は、全ての DXF・DWG Ver の吐出しが可能です。 AutocadCAD では、捨てられた下位の Ver でも書込みが出来ます。

 

注意点は、原点です。 CADPAC の場合は、原点が3つあります。極座標(第一・赤)・相対(第二・黄色)・直前(紫) となります。 2000形式で吐き出された CADPAC のDXFデータは、画面中央(図面中心-第二原点)となります。

A3サイズ では、0,0(赤)  210,148.5(黄色)   A3=420×297

図枠の設定とスタイルの設定を準備するための第一歩です。 あるデータは、無駄にしないという利用方法です。 あるモノを再加工して、時間の削減。

 

注意したいのは、重複線・細かなゴミが無いようにしたいモノです。

 

吐出し・読込みの種類は、こちらで解説しております。

 


BricsCAD 読込み

Bricscad V15Communicator インポート

『ファイル』→『読み込み』

今回は、SW2013  吐き出し STEP からインポートを試します。

 

 

SW2013吐き出し

SW2013 の画像は、こんな感じです。 カメラユニットの構成は、カメラ・レンズ・ブラケットブロック・アジャストナットとなっています。

STEP 吐き出し設定は、何もしません。 カメラのモデリングを側面から始めたので方向は、縦ですが。ASSY組み込み時に標準固定としているので、この方向となっています。

パーツは、ひとかたまりの扱いでモデル の欄には、Assy として認識されていません。 各パーツを選択することは、可能です。 配置の方向が、気になりますか?  SWでの配置と方向が異なっています。 特にSTEP のオプションの設定画面はありません。至って簡単にインポートは出来ました。 いきなりダイレクト編集は可能ですね。 V14は、Assy対応ですので、パーツの分だけ名前をつけて保存してパーツ分解・コンポーネント分解する必要がありますか?。  メインを作成して…『メカニカル』→『コンポーネント入力』 するのでしょうか?  いやいや! 各パーツごとに選択出来ると言うことは、何かありますね。  【メカニカル】 の利用です。 『コンポーネント形成』 を選択すると図面保存(名前を付けて保存) 画面が現れます。 基点をEnterでパスしてます。 むむむ! ヒントになりました。

基点は、パス(Enter) ですので拘束はありません。 再配置と拘束で組立る場合を想定すると上位に読み込む場合は、どうなるのでしょうか? 

インポートの機能確認は、パラソリッドも試す必要がありますね。  SWでは、各パーツの編集モードに入って修正しますが…  ダイレクトに修正が可能なのですか?  各パーツに保存出来ているのかな?  履歴は?  まだまだ勉強が必要です。

 

次回は、パラソリッドに挑戦しましょう。  2013.0316

 

【操作手順まとめ】

1.新規ウィザードから、一から開始 → ワークスペースセット『3Dモデリング』・『ミリ系』 → 『終了』

2. 『ファイル』 → 『読み込み』

3. 各パーツ選択後、『メカニカル』→『コンポーネント形成』 (基点〈0,0,0〉 『Enter』 →『名前を付けて保存』 とパーツの数だけ繰り返す。

4.メインファイルに名前を付けて保存。

 

追記

コンポーネント化すると、パーツごととなり各パーツを選択するとクワッドカーソルがAssyモードであることが分かります。ロック・移動・回転・ファイルを開く・表示非表示 → 3D拘束 → ダイレクトモデリング (移動・回転) →アセンブリモデリング (省略) → カスタム となります。 初めての3D Assy 機能は、直感的でわかりやすいと思いました。

上記画像は、WebShop にリンクしております。

 

   

 

 

V17 の 1ライセンス (所有権)を有します。

稼働は、2台までのアクティベーションとなります。

0S

Windows 10  (32/64bit)

Windows 8.1/Windows8.0 (32/64bit)
Windows 7 (32/64bit) Windows 10 (32/64bit)

Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008 Service Pack 2 以降
Windows Server 2003 R2 以降
※ ~ VBA 利用は、32bit 限定です。ご注意ください -!!

CPU Intel 1Ghz 以上のプロセッサ
または互換プロセッサ
推奨メモリ 1GB以上 (4GB以上推奨します。)
HDD空き容量 250MB+空き容量1GB (インストール時)
グラフィックボード ・NVIDIA GeForce 8,9 GTXシリーズ
・AMD ATI R600,R700ファミリー
・INTEL GMA4000ファミリー
ディスプレイ解像度 1024 x 768 以上 TrueColor